もう話せないと言わせない|フィリピン留学でスピーキング力を圧倒的に伸ばす勉強方法(英語日記編)[フィリピン留学新聞43]

こんにちは!
Acti-LABOインターン生のKotomiです!
 

「英語を話せるようになりたい!
でも、どのように勉強したらよいのかわからない・・・。」

英語を勉強している人なら誰もが抱える悩みではないでしょうか?

言いたいことがあるのに、
どのように言えばよいかわからない、うまく伝えられない
というのはもどかしいですよね。
 

文法や英単語は教材を使って覚えることができます。
また、リーディングは英文記事や洋書を読むことで勉強することができます。
 

では、スピーキングはどのように勉強すれば伸びるのでしょうか?
インプットだけでなく、アウトプットが必要になるスピーキングは、勉強するのが難しいですよね。

私もActi-LABOでインターンをしながら、スピーキング力を伸ばしたい一心で、
世間一般でオススメされている勉強法からユニークな勉強法まで様々な勉強法を試してきました。
 

今回は私が試したスピーキング勉強法の中から、
スピーキング力を伸ばすだけでなく英語力の底上げにも繋がると実感した
「日記を使った勉強法」についてご紹介したいと思います!
 
 
現役TOIEC915点保持者が教える|最速でスピーキング力を伸ばすオススメ勉強方法はコチラ

現役TOIEC915点保持者が教える|最速でスピーキング力を伸ばすオススメ勉強方法[フィリピン留学新聞16]


 

目次

 
1. 英語で日記を書くことのメリット
2. 英語日記の書き方
3. スピーキング上達に繋げる!日記の利用法
4. 日記を続けたことによって得られた効果
5. まとめ
 
 

1. 英語で日記を書くことのメリット

 
英語日記
突然ですが、皆さんは日記をつけていますか?
ここActi-LABOでは、スピーキング力を伸ばすため、生徒全員が毎日英語で日記を書きます
 

日記は「書くこと」、スピーキングは「話すこと」
この2つがどう関係するの?? と思う方も多いかもしれません。
 

日記を書くことのメリットとしては、

●自分の考え、言いたいことを英語で表現できる
●文章の組み立て方を練習できる
●身近な話題で使う単語や表現を学べる
●学んだ知識の使い方を確認できる
という点が挙げられます。
 

スピーキングで求められることは自分の意見や考えを伝えること。

スピーキングが難しい、英語を話せないと感じる大きな理由としては、
言いたいことがあるのに言葉が出てこない、
どのように言えばよいかわからない、ということがあります。

では、伝えるための単語や表現を知っていれば、話すこともできるはず!
 

毎日日記を書くことによって自分の考えを自分の言葉でまとめ、
また人に伝える練習ができるので、スピーキングの上達にも効果的なんです!

 
 
 

2. 英語日記の書き方

 
それでは日記の書き方について紹介していきましょう。

まず、その日にあったことを英語で書きます。
食べたもの、行った場所、新しく学んだことなど書く内容は様々です。
 
英語日記1
この日に私が書いたことは
朝食にマンゴーを食べたこと、授業中に先生と話したタピオカについてです。笑
このように、何でも書きたいことをドンドン書きましょう!
 
 
 
日記を書く際に工夫していることは以下の2点。

Kotomi

日記を書く際にわからない表現があれば、調べる!

今回は「マンゴーをまるごと、1人で食べた」という表現をしたかったのですが
どのように表現すればよいかわからなかったため、調べました。
「まるごと」というのは「whole」という形容詞で表現できるというのが、今回の学びです。

この表現を覚えたことによって
「マンゴーを食べた」という事実がより詳しく伝えられます。
カットされたマンゴーではなく、まるごとひとつを食べたというように、
より正確に相手に伝えることができるようになりました。

もちろんこれを他の食べ物や事柄にも応用することができ、
伝えたいことがより正確に表せるようになります。
 
 

Kotomi

「I(私)」が続かないようにする!

 
自分の日記は自分が主語になるので、どうしても文章の始まりが「I think~」「I learned~」となってしまいがちですね。
 
同じパターンでばかり書いていると、表現の幅が限られてしまうのではないかと考えたため、
パターンが同じにならないように、自分以外のものを主語にしたり、他の表現ができる場合は言い方を変えたりしています。
 
 
 

3. スピーキング上達に繋げる!日記の利用法

 

Kotomi

自分で書いた日記を音読する!

 
自分で書いたものを声に出して読むのは少し恥ずかしいですが、
発音やイントネーション、抑揚のつけ方など、
話すときの練習になると思って挑戦してみてください。

自分が作った文章は自分で表現できる範囲のものなので、
簡単すぎることも難しすぎることもなく、勉強できます。

調べて学んだ新しい表現も読んで使い方を復習することができるので、
自分の表現できるものとして身につけられるんです!
 
 

Kotomi

発音の矯正

フィリピン滞在中の今は、
発音を先生に聞いてもらい、確認してもらうことができるので
間違えて覚えているものや、より英語らしく発音するための読み方を指摘してもらいます。
 
英語日記2
この日記の中で指摘されたのは「she」と「clothes」の発音です。
[sh][s]の発音は違うことを以前教えてもらったのにも関わらず、
日記を音読するときには注意が向いていませんでした。

また、「cloth」と「clothes」の発音の仕方を正確に覚えておらず、誤った発音をしていたこともわかりました。

発音が違うと相手にうまく伝わらなかったり、理解されないこともあるので
正しい発音もスピーキング上達のために必要です。
 
 

Kotomi

書いたものを添削してもらう!

添削してもらうことによって

●正しい文法を身につける
●よりふさわしい表現を知る
ことができると感じています。
 
 
まずは正しい文法を身につけることについて、
 
英語日記3
この日記の中で、
 
「the my computer」「a my topic」という冠詞と所有格を2つ並べるという間違い、
「country」の冠詞を入れていないという点を指摘され、
冠詞について再度復習しました。
 

この例は、スピーキングには直接関係しないように感じますが、
文法の知識を含めて、ある程度の基礎知識があることがスピーキングの上達に必要であると考えられます。
 
 

次に、よりふさわしい表現を身につけることについて。
 
英語日記4
例えば、この日の日記の中に
「これまでに見たことがない言葉がたくさんあった」という文章があります。
 

私は「見る」という意味から「see」を使って書きましたが、ここでのよりふさわしい動詞は「encounter」だと教えてもらいました。

「encounter」という言葉は高校で習ったので、
単語テストの形式であれば意味を答えることはできます。

しかし、いつ・どんなときに使うのかまでは身についていなかったため、
自分で文章を考えるときに使えるレベルになっていませんでした。

 

このように、添削してもらう機会があれば、
「意味は知っているけど自分で表現する際には使えていない言葉」に気づくことができます。

次に同じような表現をしたいときに、スムーズに使うことができるようになるでしょう。
 
 
 

4. 日記を続けたことによって得られた効果

 
英語日記5

英語で日記を書くことは、今ではすっかり日々の日課となっています。
 

始めた頃は書きたいことがたくさんあって、まとめることに苦労していました。

難しい表現や単語を使おうとするために、辞書を使って調べる機会が多く、
1日分の日記を書くのに2時間程度費やしたことも・・・(!)
思いのままに書いていたため、文法の間違いや表現などあいまいなことも多かったです。
 

しかし、毎日続けることで書くことに慣れていきます。
 
また、わからない表現をすべて調べたり、書く手を止めて考え込んだりするのではなく、
自分がもっている表現の中で伝わるように工夫することも増えていきました。

今では、1日分の日記は30分程度でまとめることができています。

完璧な文章を書けるようになったというわけではありませんが、
書くときに文法に注意を向けて書くこともできるようになっています。
 
 
 

5. まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

発音や文法の間違いを自分で見つけて正すということは、1人での勉強では難しいかもしれません。
英語が話せる人が身近にいて、話し相手がいなければ、スピーキングの練習はできないと感じるかもしれません。

しかし、日記を使った勉強法はこれまでインプットした知識をアウトプットできるという点で
1人でもできる、スピーキングの良い練習になります。

これから留学予定のある人は留学に備えて、
スピーキング力を伸ばしたいと思っている人は自分で表現する練習のために
日々の日課として取り入れてみてはいかがでしょうか。

当校ではオンライン英会話も受け付けております。現地さながらの日記添削術を体感してみてください。

アウトプットの練習をして表現力を高めましょう!
 
 
 
 
 
 

後悔のないフィリピン留学を!

実践型「机に座らない」英語留学

The following two tabs change content below.
Kotomi

Kotomi

発展途上国に興味を持つ都内の大学2年生。 フィリピンは人生で2度目の海外。英語のスピーキング力アップを図りながら、不慣れながら海外経験を積むため心配性な性格ながらも思い切ってフィリピンへ。 Acti-LABOでは海外初心者の視点や英会話初心者の目線でお伝えしていきます! フィリピン留学に関してご質問、ご相談等あればこちらまで。 info.actilabo@gmail.com