アクティラボ留学を経てTOEIC880点取得!オレの留学後勉強法&オンライン英会話活用術|アクティラボ卒業生Hirokiくん[フィリピン留学新聞40]

こんにちは。
Acti-LABOのSayoです!(*´ω`*)
 
 
さて、フィリピン留学を経験した方の中には、

帰国後に英語を使う機会がなく、すっかり忘れてしまった。
帰国後もっともっと英語力を上げたい!
帰国後、英語力をキープするための勉強法は?

・・・

そんな不安や疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?
 

Acti-LABOで留学を経験した卒業生は、すでに100人を超えました。
せっかく留学でスピーキング力をアップしたのだから、帰国後も勉強を続けてほしい!

そんな卒業生のために行っているのが、Acti-LABOのオンライン英会話レッスンです。

留学を終えて日本に帰ってからも、お気に入り講師の英語レッスンを続けることができる!
また、留学中に実際に受けた先生なので毎回自己紹介する必要もなく、
毎週決まった時間に自宅で受けることができます。
 

Acti-LABO卒業生の1人、Hirokiくんも
帰国後からオンライン英会話の受講をスタート。

さらに独学でも英語学習を続け、この春にTOEIC880点を取得したとのこと!
 

今回は、そんなHirokiくんに
フィリピン留学中と帰国後の勉強法、TOEIC880点を取るまでの軌跡
を話していただきました!

 
 
 
こちらの卒業生体験談もどうぞ!
フィリピン教育留学からJICAで世界へ|アクティラボ卒業生Yutaくん|夢を叶える軌跡

フィリピン教育留学からJICAで世界へ|アクティラボ卒業生Yutaくん|夢を叶える軌跡[フィリピン留学新聞36]


 

目次

1. Hirokiくんプロフィール
2. アクティラボ留学中に意識して取り組んだことは?
3. フィリピン留学を通して、得たこと感じたことはある?
4. 留学後、英語力をさらに高めるためにやっていることは?
5. オンラインレッスンではどんなことをしている?
6. TOEIC880点! 取得までの道のりを教えて!
7. 今後、英語を使ってどんなことをしたい?
 
 

1. Hirokiくんプロフィール

21歳・大学3年。

2018年8月(大学2年)Acti-LABOに留学。
2018年10月〜現在 Acti-LABOオンライン英会話受講。
2019年6月、TOEIC880点取得。
 
hirokiプロフ
 

2. アクティラボ留学中に意識して取り組んだことは?

僕は、授業内では発音練習、英文法・単語、英会話練習を中心に学習していました。

授業以外の時間は、自習として
英語の映画でのリスニング練習、授業の復習をしていました。

自習として取り組んでいたのは、
何かを言いたいのに英語でなんて言えばいいのか分からなかった時に、
すぐに携帯にメモをして、時間がある時にネットで検索して自分の言えなかった表現を英語で言えるようにすることです。

これは自分の言える表現が増えていくのを実感できたので、本当にオススメです!
 

留学期間中に意識したことは、英語をたくさんインップットすることでしょうか。
英単語やフレーズなど、授業以外の時間で暗記していましたね。

留学中は英語を使う場面が多くなるので、英語をアウトプットする機会は意識していなくてもあります。
しかし、英単語やフレーズをインプットしていないと英会話は上達しません。

なぜなら、英語はスピーキング→リスニングの順番でできるようになるからです。

自分が、知らない・発音できない英語はいつまでも聞けるようになりません。
ですので、英語をインプットし続けるという事を留学中に強く意識していました!

 
 
 

3. フィリピン留学を通して、得たこと感じたことはある?

留学の中で感じたことは、「自分がとても恵まれている」ということ。

普段日本で、当たり前に利用している交通手段、お店、サービスなどが
フィリピンにはほとんどありません。
バコロドは比較的安全と言われていますが、それでも裏道に一歩入ると
物乞いの子供たちや、ホームレスが寝ていることも。。。
 

教育に関しても、経済的な理由で大学に進学することを断念しなければならない学生がたくさんいます。

ですので、僕が現在大学に通うことができ、
自分の学びたいことを学べる環境にいる事が、とても貴重なことなのだと感じました。

また、「英語を話せるようになりたいという強い意志」も、
留学を通して得たものの1つでした。

もちろん、フィリピン留学に行く前から英語を話せるようになりたいという気持ちはあったのですが、
留学中に現地で英語を上手に話せないもどかしさを痛感し、

英語を使って色々な国の人たちと自然に話せるようになりたい!という思いを
より強く持つようになりました。

 
hiroki1
 
 

4. 留学後、英語力をさらに高めるためにやっていることは?

僕の留学後の、英会話上達を目的とした学習方法は分野別に分けると以下のとおりです。

英単語:分散学習帳
英文法:1億人の英文法
リスニング:Podcast(Hapa英会話、台本なし英会話レッスン)
スピーキング:瞬間英作文(シリーズ4冊)、使える英語だけ覚えなさい!
実践:Acti-LABOのオンラインクラス

こうして見ると、いろいろやっていますね!
でもどれも無理なく続けられるので、皆さんにもオススメしたいです。

僕は「英語学習を習慣化すること」を意識しているんです。
毎日、やる時間、内容を決めて継続することが英会話上達の唯一の方法です。

しかし、そうは言っても人間やる気が出ない時は絶対にあります。
なので、自分のやる気に左右されない環境づくりをすることがとても大切です。

例えば、オンラインクラスを毎週入れておく、
家から学校までの通学時間に英語を聞く、
友達と英単語をどっちが多く覚えられるか競争する・・・などです。

「英語を学習する環境・仕組み」を意識して作ることが大切だと思います。

 
 
 

5. オンラインレッスンではどんなことをしている?

 
僕は、週2回1時間ずつオンラインレッスンを受講しています。

毎週続けていたら、あっという間に9ヶ月が経っていました!

内容は、最初の頃は発音練習や便利なフレーズについて学習していましたが、
最近は、前の週にテーマを出されるので、それについて僕が自分の意見や考えをまとめて英文エッセイを書きます。
そしてまずはそのエッセイを授業内で添削してもらいます。
その後に、そのテーマについて先生と意見交換をしたりしながら、英語で議論していくという事をやっています。
 

オンラインレッスンを受けるメリットは、大きく2つあると思います。

1つ目は、英語の学習意欲が続くこと。

初めのうちは、先生の言っている英語の内容も理解できない、言いたいことを言えない、
という状況でオンラインレッスンを受けることがストレスに感じていました。

しかし、ストレスと同時に
「来週もオンラインレッスンがあるから練習しなければいけない!」
「次のオンラインレッスンではもっと上手に話したい」という気持ちが生まれました。

オンラインレッスンが毎週あることによる適度な緊張感は、
今も英語学習を継続する大きな助けになっています。
 

2つ目は、英語のアウトプットの場になることです。

日本だと、新たな英単語・フレーズを覚えたとしても、それらを使う機会はほとんどありません。
その機会がないと、自分の成長を感じることできず英語学習に挫折してしまうと思います。

オンラインレッスンを受けて、
先生との英会話の中で自分が新しく覚えた表現を使えたら自分の成長を実感できますし、
どんどん自分の言える語彙・表現を増やしていきたいと思えるようになります。

ですので、英語のアウトプットの場を作れるということも、
オンラインレッスンの大きな利点だと思います!
 
hiroki2
 
 

6. TOEIC880点! 取得までの道のりを教えて!

 
僕は、留学後4回TOEICを受験しました。

実は留学前はTOEIC400点だったんです。

留学3か月前から英語学習を始めたのですが、
留学中〜留学2か月後までの勉強で400点→745点になり、
そこからさらに半年で、745点→770点→830点→880点というスコアになりました。
 

僕がTOEICを受験した理由は、主に2つ。

1つ目は、僕が進学しようと考えている大学院の出願資格にTOEICのスコアが必要だったから
その大学院では、TOEICのスコアが695点以上を出願資格とすると定めていたので、
まずは695点をTOEICの目標点数として受験しました。

2つ目は、英語学習へのモチベーションを保つためです。
英語学習のモチベーションを保つには、期限・数値が明確な目標を決めることが重要だと思いました。

TOEICを受験することで、目標のスコア、受験日が決まるので、
英語学習を継続するモチベーションになったのがとても良かったです!
 
hiroki2
 
 
 

7. 今後、英語を使ってどんなことをしたい?

 
hiroki3
現在の目標は、東南アジアの環境問題解決に貢献できるような研究を大学院で行うことです!

僕が目指している大学院は、半年間マレーシアに滞在して研究を行うプログラムがあるので、
そこで英語を使ってたくさんの外国の人達と交流したいと思っています。

将来の夢は・・・

僕は綺麗な海や山などの自然を見ることがとても好きなので、
将来は世界の美しい自然・景色を自分の目で見に行ってみたいです!

英語ができれば、ほとんどの国では最低限のコミュニケ―ションは取れるので、
もっと英語を上達させていろいろな国を旅したいです。

そのためには、やはりこれからも英語学習を継続していかないと、ですね!
 
 
 
 
 
 
後悔のないフィリピン留学を!

実践型「机に座らない」英語留学