みんな何着てる?フィリピン留学女子のファッション事情!服装選びの基準[フィリピン留学新聞33]

こんにちは!

持ち前の肌白を失いつつある、Acti-LABOインターン生のMiuです!: D

さて、女子のみなさんがフィリピン留学の荷造りの時に特に頭を悩ませるのは、
「服装選び」ではないでしょうか?

女の子に生まれたのなら、フィリピンでだってオシャレしていたい!
でも、異国の地での服装選びってとっても大切。
その場所の気候や治安に合った服装を選ぶことが、より安全な留学生活を送ることにつながります。

フィリピン留学に合う服装とは??
みんなフィリピン留学で、どんな服装をしているのでしょうか??

今回は、私の7週間のフィリピン留学経験から、
「女の子のフィリピン滞在の服装」についてお伝えしていきたいと思います!
 
 
フィリピンの治安についてもっと知りたい方は、こちらの記事をどうぞ♪

フィリピン留学の治安・対策を徹底解説|2019年最新情報|[フィリピン留学新聞32]


 
 

目次

 
1. フィリピンの天候・気温
2. フィリピン留学、みんなどんな服装をしてる?
3. 服装で気をつけるべきこと
     ①冷え対策は万全に!
     ②動きやすく汚れても良い靴を選ぶ!
     ③蚊にご注意!
     ④高価なものや特に大切にしている服は避ける!
     ⑤犯罪に巻き込まれないような服装を!
4. シーン別!服装選びのポイント
     ①授業中
     ②イベント・アクティビティ
     ③教会
     ④パーティー
5. 現地でも服は買える?
6. まとめ
 
 

1. フィリピンの天候・気温

 
フィリピンの天候・気温
 
フィリピンは高温多湿の熱帯性気候で、年平均は26〜27℃。
一年を通して大きな気温の変化は無く、日本の夏みたいな気温が続きます。

日本の四季と違うのは、フィリピンには雨季と乾季しかないこと。
雨季は6〜10月、乾季は11〜5月で、最も暑い季節は3〜5月。
フィリピン人はこの3〜5月を「夏」と呼びますが、私の感覚だと一年中ずっと夏です。笑

今は6月。大絶賛雨季です!
雨が多いと言っても日本の梅雨のように1日中シトシト降るのではなく、短時間で激しい雨、スコールが降ります。
本当に激しく、傘も無力だと思えるくらいです。
が、止んだ後は嘘のようにカラッと晴れ、外出もしやすくなります。
個人的には、日本の1日中続くシトシト雨よりもスコールのほうがハッキリしていてお気に入りです!:D

さて、そんなフィリピンでの留学生活。
どんな点に気をつけて服装を選べば良いのでしょうか?

 
 

2. フィリピン留学、みんなどんな服装をしてる?

 
フィリピン留学、みんなどんな服装をしてる?
 
半袖Tシャツにハーフパンツやスカート、ズボン、サンダルといった
カジュアルな格好をしている方が多いです。

毎日暑いので、女性は涼しくゆったり着れるマキシワンピースなどもおすすめ。

日本の夏を過ごす服装とほぼ同じと考えて良いですが、シンプルな服装の人が多く、
着飾っている人はあまり見かけません。
 
 

ではここで、私が実際にフィリピン留学に持って来た服の一部をご紹介します♪

●Tシャツ、ポロシャツ
汗をかくので1日の中で着替えることもあり、多めに持参しました。
襟付きのシャツは少しフォーマルな場で活躍します!

●ショートパンツ、半ズボン
フィリピンの気候を考えると、長ズボンよりもショートパンツや短パンの方が過ごしやすいでしょう。
普段着としてだけでなく、週末ビーチに出かける時にもショートパンツは可愛くてオススメ。

●長ズボン
ジーパンは日本からの行き帰りや遠出の時など様々なシチュエーションに対応できるので、1枚あると良いです。
また、教会など肌を露出してはいけない場所へ行く際にも、長ズボンが必須です。

●薄手パーカー
冷え対策に。
エアコンの効いたショッピングモールや映画館で重宝します。
雨季の間は朝晩冷えることもあるので、羽織ものは大活躍中。

●下着
下着の替えは留学期間に合わせてそれなりの枚数を準備しましょう。
ユニクロのブラトップも楽ちんでオススメ。

●靴下
足がつりやすいので冷え防止に。
普段はサンダルで過ごすのでほとんど使用していないです・・・。

●サンダル、スニーカー
普段履きのビーチサンダル、外出用のかかと付きサンダル、運動にも使えるスニーカー。
ビーサンは現地でも格安で買えますよ!
 
 

3. 服装で気をつけるべきこと

 
南国だから夏の服装だけでOK!と思うのは間違い!

「一年を通して日本の夏の気温なら、普段着ている夏の服装を持っていけばいいよね!」
と思うところですが、実はそうはいきません。
フィリピンでの生活は、日本での生活を想像して行くと思わぬ落とし穴があります。
しっかりと対策して、フィリピンの大敵に打ち勝ちましょう。
 
 

Miu
①冷え対策は万全に!

フィリピンはエアコンが大好きな国なので、羽織物が必須です。

ショッピングモールやレストランはガンガンにエアコンが効いています。
まるで冷蔵庫の中みたいで、凍え死ぬんじゃないかと思いました・・・。

ユニクロ等の薄手のパーカーが持ち運びにも便利でオススメです!
UVカットのものだと日焼け対策としても使えます。

また、クーラーが効きすぎた部屋で私は何度も足をつりました。
女の子の大敵、冷え対策として靴下も1〜2足持参すると良いですね。
 
 

Miu
②動きやすく汚れても良い靴を選ぶ!

 
動きやすく汚れても良い靴を選ぶ
 
フィリピンはまだまだ発展国、整備されていない道路も多くあります。
水はけも良くなく、スコール後は道がぐちゃぐちゃになり足元が汚れやすいです。

ハイヒールだと不安定で危なく、排気ガスや泥で足が汚れてしまうことも。
靴はスニーカーやビーチサンダルに加えて、
走っても脱げないタイプのかかとのあるサンダルなどが良いでしょう。
 
 

Miu
③蚊にご注意!

フィリピンでは雨季に大流行することもある、デング熱。
ごくまれに重い病気を併発すると重度の合併症が引き起こされることもある怖い病気です。

デング熱は、蚊に刺されることで感染します。
予防接種はなく、最善の対策は「蚊に刺されにくい服装を心掛けること」です。

語学学校やモール内であればデングウイルスを持った蚊はまずいないと考えられますが、
念のため就寝用や外出の際は、
長袖+長ズボンで肌の露出をできるだけ抑え、蚊から身を守りましょう!
 
 

Miu
④高価なものや特に大切にしている服は避ける!

女の子だから、いつもオシャレしていたい!
でも、あまり高価な服や大切にしている服を持ってくると、後悔するかもしれません。

多くの語学学校にあるランドリーサービスは、一括で服を洗うため、
色落ちしたり型崩れする可能性があります。
また多くの生徒の服を一括で洗うため、紛失することも・・・。
高価な服や繊細なものは避け、汚れたり色落ちしても大丈夫な服装を持ってくるのが無難です。

デリケートな素材のものは、面倒でも自分で手洗いする覚悟で持参しましょう。
 
 

Miu
⑤犯罪に巻き込まれないような服装を!

 
犯罪に巻き込まれないような服装を
 
残念ながら日本ほど治安が良好ではない、フィリピン。

犯罪に巻き込まれないために、普段の服装でも過度な露出は避け、
派手な服や高価な服・アクセサリーなどを身につけるのは避けるようにしましょう。
特にブランド物のバッグは厳禁!
お金を持っていると思われ、狙われやすくなります。

また、外出の際は斜め掛けできるショルダーバッグがあると良いです。
盗難防止のため、口の閉まるもの・前掛けできるもの。
トートバッグやハンドバッグですと、混み合った場所でのスリやひったくりが心配です。
 
 

4. シーン別!服装選びのポイント

 
続いて、シーン別の服装選びで気をつけるべき点について見ていきましょう!
 

Miu
①授業中

平日、授業を受ける時はあまり気張らずにいきましょう!

Tシャツにハーフパンツ、スカート、ワンピース、足元はビーチサンダルといった
カジュアルな服装をしている人が多いです。
リラックスして授業を受けられる服装が良いですね。

私は1週間分のTシャツと短パン、楽なストレッチズボン何枚かを着回しています。
 
授業中の服装
 

Miu
②イベント・アクティビティ

放課後のスポーツアクティビティ、週末に山に行くなどイベントは結構多いです!

スポーツのできる運動靴、アクティビティ用の運動着を持ってくると良いです。
メッシュ素材の速乾性に優れているものは、寝巻きにもできるのでオススメ。
 
イベント・アクティビティ
 

Miu
③教会

フィリピンの人は多くがカトリック教を信仰しているので、街には多くの教会があります。
留学中にはフィリピン人に誘われ、教会に行く機会もあるでしょう。

肌が露出しすぎている服装では中に入れないので、ノースリーブ、ショートパンツ、サンダルはNG。
教会は特に現地の人々にとって神聖な場所ですので、肌を露出することは避けましょう。
 
 

Miu
④パーティー

実際に滞在して知ったことの一つが
「フィリピン人はパーティーが大好き・人を招待するのも大好き」ということ!

7週間の滞在で、結婚式や誕生日パーティー、家族のお祝い事などお呼ばれする機会が何度もありました。
少しフォーマルな場所でも着れるような、清楚感のあるワンピースを1枚持参すると良いでしょう!
ワンピースでなくても、襟付きの服が1枚あるとフォーマルに見えるのでオススメです。
 
パーティー
 
勉強メインのフィリピン留学ですが、放課後や週末には意外にもたくさんのアクティビティがあります!
せっかくならオシャレして行きたいですよね。

TPOに合わせた服装を一通り用意していきましょう♪
 
 

6. 現地でも服は買える?

 
留学中、もし服が足りなくなったら??

あまり余分な荷物を持っていきたくない方や、持って来た服が足りなかった場合は
現地で購入する事が可能です!

 

フィリピンの治安について
「ユニクロ」「H&M」「Forever21」などはショッピングモールの中にあります。
こちらは日本で買うよりも割高になりますが、やはりデザインや品質は安心できますね。

また、現地では安くて可愛いTシャツもたくさん売っていますよ!
モール内のお店では200ペソ(約400円程度)で、十分質の良いTシャツが買えます。
 
 

ウカイウカイ
こちらはウカイウカイという、フィリピンの古着屋さん。
学校のある地域、バコロドにもたくさんあります。
シワシワの服が山積みになって売られています。

お値段は20ペソ〜。
一番高いジーンズでも100ペソとかなり安い!

中には日本から輸入したらしき服もありました。
ここで掘り出し物を探してオシャレするのも楽しいかもしれませんね♪
 
 

7. まとめ

 
フィリピン留学での服装選び、少しイメージが湧いたでしょうか?

学校によって環境にも違いがあると思うので、
ランドリーの回数・教室の環境等、学校の設備をあらかじめ確認しておくとと準備しやすいと思います。

女性の場合、ついつい荷物が多くなりがちですが、要るもの要らないものをしっかりチェックして賢い荷造りをしましょう!
 

最後に今回も、英語の諺を紹介して終わりにしたいと思います!

「Make hay while the sun shines.」
思い立ったが吉日。(←日が照っているうちに干し草を作れ)

好機を逃さないように。という意味です。
もし直感的に思い立ったことがあれば、(例えば「フィリピン留学がしたい!」とか、他のことでもなんでも)きっと今日が吉日です。自分の直感を信じてあげてください。

それではまた次回お会いしましょう!
 
 
 
 
 

後悔のないフィリピン留学を!

実践型「机に座らない」英語留学
 

The following two tabs change content below.
Miu

Miu

都内の大学生。右目の下の2つの泣きぼくろがチャームポイント。インドへ行ったのをきっかけに海外が大好きになり、世界中に友達を作るべく休学して海外を周遊中。趣味は食べることで、三度の飯よりメシが好き。持ち前のメンタルの強さを活かしてインターン生として奮闘します。 フィリピン留学に関してご質問、ご相談等ございましたらこちらまで。 info.actilabo@gmail.com