フィリピン留学でのお役立ち情報!!お金、携帯 ver.

 

~ Lifehacks for studying abroad in Bacolod, Philippine ~

目次

<お金のいろいろ>

① 通貨

② 物価

③ 生活費

④ クレジットカード

⑤ キャッシュパスポート

<携帯電話の使用について>

①   本体の確保

②   SIMカードの購入

③   プリペイドカードの購入

<まとめ>

 

<お金のいろいろ>

①   通貨

ではまず基礎情報から。

フィリピンの通貨はペソです。

1ペソは約2.1円(2018年9月現在)なので、お買い物の際は金額をだいたい2倍にして円算出しています!

日本でいう銭に値する通貨はセンタボ。1ペソ=100センタボです。

ちなみに紙幣は1000、500、200、100、50、20ペソの5種類

が使用されています。

そして硬貨は10、5、1ペソに加え、50、25、10、5、1センタボの計

6種類が存在します。

メキシコやアルゼンチンなどの旧スペイン領では同様にペソ

という通貨が使われていますが、レートは異なります。

② 物価

バコロドの物価は日本に比べて、全体的に安いです! 飲料水は500mlペットボトルで20ペソ、外食もローカルレストランなら一食100ペソ以下、少しおしゃれなカフェやレストランでも200ペソ程度。 特に、日本ではお高い映画やマッサージも、こちらでは激安で楽しめちゃうんです!

③  生活費

多くの語学学校の場合、食費と寮費、そして授業料はセットです。

なので、それ以外で必要なお金としては週末の食費、アクティビティ費、あとはショッピング代です。

食費は一食200ペソあれば十分おなかいっぱい食べられますし、地元のマーケットで200ペソで可愛いワンピースを購入できます。

勉強に集中するから遊びに行かない!という方でしたら一週間1000ペソあれば十分でしょう。また、ショッピング好きな方でも現地発のお店なら安くお買い物を楽しめます。アクティビティーで少し離れた海などに行く場合でも、週5000ペソあれば十分すぎるくらいでしょう。

④  クレジットカード

バコロドでも、VISAやJCBのクレジットカードは大型ショッピングモールやスーパー、大きなレストランでは使えることが多いです。

ただし、会社によっては使えないカードもあるので、ご注意ください。

トライシクル、ジプニーでの移動の際は全く使えないので、現金を所持してください。お釣りが出ないこともあるので、常に小銭を用意するようにしましょう。

⑤ キャッシュパスポート

どこに行くにしても、キャッシュパスポートを一枚持っておくととても便利です。

キャッシュパスポートはカードに入っているお金の中から支払うデイビットカードと、カードに入っている残高の中からお金を下すことができるキャッシュカードの二つの役割があります。

初めて留学される方や盗難に合わないか不安な方、学生さん、たくさん浪費してしまわないか心配な方はキャッシュパスポートがぴったりかもしれませんね。

<携帯電話の使用について>

フィリピン、特にバコロドはWi-Fi環境が整っているとは言えません。

もちろん学校や寮にはWi-Fiが設置されているところが多いですが、日本に比べて電波はかなり弱く、安定してWifiを使えるカフェも限られています。

ショッピングモールなどもWi-Fiが繋がりにくく、外に出ると携帯が使えないことが多いです。

そのため、SIMカードを使用することをおすすめします!

では、SIMカードの利用方法についてお伝えします。

① 本体の確保

まず始めに携帯の機種本体を手に入れます。

もちろん日本から持参されたiPhoneやgalaxyなども使用できるのですが、日本のスマホの多くは携帯を購入したdocomoやauのような通信会社によって、SIMロックがなされています。

このSIMロックを解除しない限り、他の通信会社の携帯は使えません。

なので手間が省くという面でも日本から持参したスマホを利用する際には、出国前にSIMロック解除を行っておくことをお勧めします。

日本の携帯でなく、現地で調達したい方は最安値2000円くらいから購入できますよ。

② SIMカードの購入

次に、日本でいうauやsoftbankの様な通信会社のSIMカードを購入します。

SIMカードとは電話番号が内蔵されたいICカードのことで

す。このSIMカードは100円ほどで買えます。

フィリピンでの三大通信会社は”smart”, “globe”, ”SUN”。

色々と調べてみると、SUNは格安ですが電波が弱いため、電波の面だけ見るとSUNはお勧めでないとか。

SIMカードをゲットしたらカードを切り離して、携帯電話の中に差し込んでください。

では次の段階に入りましょう。

③ プリペイドカードの購入

最後にしなければいけないことは、SIMカードと同じ会社のプリペイドカードを購入することです。

これは、通話・通信料を前払いするということです。

日本とは違いフィリピンでは先払い制が採用されています。

例えば2GBの通信量を購入した場合、購入から30日以内という有効期限の中で2GBを使い切り、無くなったら買い足すといった形式です。

このプリペイドカードはコンビニや町の小さなお店など、いろんな場所で購入できます。

200MBから15GBまで自分の必要に合わせて、気軽に買い足すことができます。

使用日数も1日のみから、一ヶ月パックなど。幅広く用途に合わせて選ぶことが出来ますね!

<まとめ>

いかがでしたでしょうか?

携帯に関しては日本よりもたくさん選択肢があったように思いますね。

そして物価!安いんです、フィリピン!

ありがたいですね。

やはり世界的チェーン店になれば大差は出ませんが、ニベアやDoveなどのバスグッズなどもかなりお安いので、女性はこちらでも困らないでしょう。

実際にバコロド留学を考えている人、移住を考えている人や休暇に来られる方、これからもお役立ち情報を書かせていただきますので、Stay tuned!!!! (乞うご期待)

Thank you so much for reading XD