フィリピン留学でのお役立ち情報!!交通手段 ver.

~ Lifehacks for studying abroad in Bacolod, Philippine ~

目次

<日本からバコロドまでの行き方>

①日本からマニラ

②難関?!マニラ ニノイ・アキノ国際空港での乗り換え

③バコロド・シライ空港から滞在先まで

④その他の行き方

<バコロド市内の交通手段>

①ジプニー

②トライシクル

③バス

④タクシー

⑤レンタカー

【おまけ】トライシカッド

<まとめ>

<日本からバコロドまでの行き方>

①日本からマニラ

成田、羽田、関西空港などの主要な空港からは毎日マニラ行きの飛行機が出ています。

学生さんを筆頭に、費用を抑えてフィリピンに行きたい方も多いと思いますが、JetstarやAir Asia Pacific、また、フィリピン国民に愛されているセブパシフィックを利用すれば往復4万ほどで来比することが可能です。

全ての持ち物を機内持ち込み7kgに抑え、機内食もエンターテイメントも無いフライトなら、3万5千円を切る破格で航空券をゲットできることも!

もちろんお値段よりも快適さを重視した旅をご希望の方は、ANAやフィリピン航空といった選択肢もあります。

いずれにしても、みなさんマニラまでは問題無く来られると思いますので、勇気を持って飛び立ちましょう!

②難関?!マニラ ニノイ・アキノ国際空港での乗り換え

さてマニラ空港に着いたら、国内線に乗り換えしましょう!

この乗り換えが少し厄介です。

例えば第1ターミナルから国内線が離着陸する第3ターミナルまで移動する場合。

この移動がとてつもなく遠い!

そして分かりづらい・・・!

空港から出ている無料のシャトルバスに乗ったら一度空港内の敷地を出て、当たり前の如く一般道を走ります。

そしてなぜか第4ターミナルに先に着きドキドキさせられますが、第3ターミナルをスルーしたわけでは無いのでご安心を。

この無料のシャトルバス、日本とは違って不定期出発です。

待ち時間を含まず、移動時間だけで30分ぐらいは見ておいたほうがいいと思います。

何度も職員さんやドライバーさんに自分の目指すターミナルを伝え、何時にバスが出るのか時間を聞くことをオススメします。

念の為、最低でも3時間の余裕を持って乗り換えをする必要がありそうですね。

飛行機の遅延などで間に合いそうにない場合や急いでいる場合は、お金はかかりますがタクシーを捕まえて行きましょう!

第3ターミナルはフードコートなども充実しているので、早めに第3ターミナルに移動してゆっくり食事をするのも良いですね。

(国内線・国際線ともに同一の航空会社を利用されるのであればターミナル間を移動しなくても良い可能性もあります。)

③バコロド・シライ空港から滞在先まで

マニラから1時間半弱かけてネグロス島にあるバコロド・シライ空港に到着すれば、タクシーや相乗りのバンがたくさん止まっており、客引きに声をかけられます。

日本人は外国人なので、高い値段でオファーされることが多いです。

なので慎重にタクシーを選び、値段交渉をしっかり行ってください。

また相乗りのバンだと安く行けるのですが、案内してくれるおじさんでなく、運転手に行き先を確認してください!

しつこいぐらいで丁度良いんです。

ネグロス島についていきなりフィリピン感を味わいたい方、とにかく費用を抑えたいという方は、空港出て市内に向かって左側の歩道を歩き、トライシクルという乗り物に乗ってください。

トライシクルについての詳細は下記をどうぞ!

④その他の行き方

季節によっては航空券代が高騰する時期がありますよね。

マニラ行きが無い!!

そんな時はいっその事セブ島に飛んでしまいましょう!

日本の主要な空港ならバニラエアーなど、セブ島直通の格安航空も多くあります。

セブ島からバコロドへは7〜10時間バスに乗って向かいます。

セブ島からバコロドは最安値で片道3000円から航空券がありますが、バスはなんと500ペソ、1000円という超お値打ち価格!

この長旅に耐えられる自信のある方はぜひバスで来て見てはどうでしょうか?

<バコロド市内の交通手段>

①ジプニー

現地の方が最もよく使うと言われている移動手段です。

日本の市バスに近いという印象ですが、わかりやすいバス停はなく、

乗りたいところで乗って降りたいところで降りる、とっても便利な乗り物!笑

ジプニーの車体には行き先が書かれているので行きたい場所と同じ方向であるか、その文字を見て確認します。

定員は20人といったところでしょうか?

しかし、みんなこのジプニーを逃すまいと次々乗ってきますので、

常に定員をオーバーしてギュウギュウな車内といったイメージがあります。笑

ジプニーのいいところは2つあって、1つ目は好きなところで下車できるところ。

目的地が近づいてきたら、現地の言葉で「ルガーラン」と伝えます。

また、車内の頭上にある手すりをコインなどでカンカンと音を立てるとそこで止めてくれます。

2つ目のいいところはやはりお値段。初乗り7ペソから!

多くの場合このお値段でいろんな場所に行けます。

お金の支払いは直接運転手に渡すのですが、運転手から遠い場合は他の乗客がバケツリレーのような運賃をして運転手に手渡してくれます。お釣りリレーも同様に行われます。

バコロドでのほっこりモーメントの一つですね!

ただ、ジプニー内は満席になることも多く、盗難の危険性も低くは無いので高価な物は出さない、貴重品はカバンにしまい、カバンはしっかり持っておくことを忘れないように!

②トライシクル

トライシクルはオートバイの横に人用の荷台をつけたような乗り物。

主にバコロド郊外(ジプニーの走っていないエリア)で活躍します。

トライシクルがあるおかげで、地元の人は本当に歩きません。笑

2〜3kmの道のりから、5km以上の道のりまでそこそこ対応してくれるこのトライシクルは距離によって8〜15ペソ(16〜30円ぐらい)。そんなに安かったら歩かずにトライシクル乗っちゃえってなりますよね。笑

このトライシクル、特等席は意外と荷台じゃなくてドライバーさんの後ろの席なんです!

自分から好んで特等席に座る生徒さんも結構多いです。笑

少し危なっかしいのは事実ですが、バイクの後ろに横向きで座るなんて日本ではできない経験ですからね!

定員は5人だと思うのですが、地元の人は荷台の屋根に乗ったりバイクの後ろに二人で乗ったり、とにかく座れそうな場所には座るので8人乗り(ドライバーさんを入れると9人乗り)なんてことがざらにあります。笑

トライシクルは本当に非日常的な乗り物の代表格ではないでしょうか?

③バス

バスはおもに長距離移動の際に重宝されています。

例えば、私たちの学校Acti-Laboがあるバコロドから200km以上離れた島、セブ島にもバスで行くことが出来ます。

フィリピンの場合は日本の長距離移動用の四列掛けのバスが長距離用だけでなく、フィリピンの短・中距離移動でも利用されています。

またバコロド近郊の町からショッピングモールが集まる都会のバコロド市にショッピングに行く際バスを使うことがあります。17ペソ(35円)を車内で払う、またはターミナル出発であればチケットを窓口で購入してから乗車します。

同じ行き先でも狭いボロボロのバスから綺麗な少しゆったりしたバスまで同じ値段です。笑

せっかく日本から遠く離れたフィリピンに来たので、エアコンの付いていない狭いバスで地元の人と風を感じながらバスに乗るのもいい思い出ですね!

④タクシー

初乗り料金が約40ペソ(80円)と格安です!

マニラやセブなどの大都市と違い、バコロドのタクシーはぼったくりがほとんどなく安全なので、夜でも安心して乗ることができます。

近距離移動の場合はメーターを使ってもらい、少し遠い距離の場合は値段交渉して乗ります。複数人で割れば1人当たりの料金が安くなり、ジプニーやバスよりも快適に移動することができるのでお得です!

⑤レンタカー

バコロド近郊のビーチやリゾートなどへ出かける際には、レンタカーを借りて行くことが多いです。

学校から少し離れた場所や、行き方がわかりづらい場所に大人数で行くとなると、レンタカーという選択がベストだと思います。

何より、フィリピンのレンタカーにはドライバーが付いてくるのがありがたい!

お値段は往復で1000ペソ(2000円)程度〜、車の大きさと距離によって交渉します。

小型の車からワゴンタイプの車種まで様々なレンタカーがあるので、人数や行く場所に合わせてレンタカーを予約しましょう。

【おまけ】トライシカッド

先程、トライシクルについて説明いたしましたが、

こちらはトライシカッド、自転車の横に人用の荷台をつけたような乗り物です。

このトライシカッドは歩いて行くには遠いけど、トライシクルに乗るには近すぎるという時にピッタリな乗り物です。

気になるお値段も5ペソ(10円)〜ととても安いです!

フィリピンはとにかく暑いので、日本人だったら歩くであろう距離でさえ乗り物に乗ることも無理もないのかもしれませんね。

<まとめ>

こちらの人は移動距離によって乗り物を変えているような気がします。それほど多くの移動手段があるんですね!

そのせいか、おかげなのか、大通りは特に、一応歩道らしきものはあるにしても歩いている人が少ないです。

留学をしている日本人からすると、こんなに安く色々な場所に行けることや、歩かなくてもいいことは時短にもなりますし、とてもありがたい事ですね。

ただ、運動をしなくなりますので、時には歩いて適度な運動をしてください。

実際にバコロド留学を考えている人、移住を考えている人や休暇に来られる方、

これからもお役立ち情報を書かせていただきますので、Stay tuned!!!! (乞うご期待)

Thank you so much for reading!


Top