Acti-LABO(アクティラボ)とは

目次

  1. Acti-LABO (アクティラボ)とは何❓
  2. Acti-LABO 誕生秘話
  3. バコロドってどこ?
  4. バコロドを選ぶこれだけの理由

 


1. Acti-LABO (アクティラボ)とは何❓

Acti- LABO (アクティラボ)は留学従来のスパルタ式の詰め込みカリキュラムでなく、世界の教育界で注目されている「アクティブ・ラーニング (実践型学習スタイル)」フィリピン英語学校です。

コンセプトは ”実践型「机に座らない」英語留学”

留学従来の概念をアップデートする『留学2,0』を本気で目指すベンチャースクールです。

 

毎週1つテーマを決めてもらい、そのテーマに沿って午前 4時間 マンツーマンレッスン➕ 午後 3時間 校外フィールドワーク (授業内に先生と共に学校を飛び出し、街を舞台により実践的な英語を身に付けていきます。)

毎週金曜は、校外フィールドワークで得た知見をまとめて英語でプレゼン。また、当校では生徒全員に専属英語コーチによるコーチングサポートを行っています。

これにより「英語=単なる勉強科目の1つ」から「英語=対人コミュニケーションツール」に変えられた時、この”喜び”や”感動”は絶対的なご自身のキャリアになると確信しています。

 

 

また、「フィリピン留学」×「アクティブラーニング」の相乗効果と未来を見据え英語でのアクティブラーニングに特化したシンクタンク(研究所)を設立しています。

少しでも習熟効果の高い英語カリキュラムを生徒さんに還元するため英語カリキュラムの研究を日々行っております。

 

 


*実践型『机に座らない』英語コース

 

 

「アクティブ・ラーニング(実践型学習スタイル)」のメソッドを取り入れ、より効率よく実践的な英語力を身に付けていきます。

 

毎週1つテーマを決めてもらい、そのテーマに沿って午前 4時間 マンツーマンレッスン➕ 午後 3時間 校外フィールドワーク (授業内に先生と共に学校を飛び出し、街を舞台により実践的な英語を身に付けていきます。)

実践型『机に座らない』英語コース→

 


 

2. Acti-LABO 誕生秘話

 

 

こんにちは。
Acti-LABO(アクティラボ)の学校運営・企画戦略・会計管理を担当しているYUKIです。

2014年私は、留学従来のスパルタ式の詰め込みカリキュラムの学校にてフィリピン/ バコロド留学をしていました。

そこでは、与えられた教科書を使って先生と小さな教室に閉じこもっての1日8コマ(8時間)のマンツーマン授業が中心でした。

しかし、学校で毎日必死に8コマ(8時間)勉強していたにも関わらず、滞在期間中街のレストランで注文する際も英語が話すことができず、注文すらもまともに出来なかった苦い経験がありました。そこで初めて『英語=単なる勉強科目の1つ』『英語=対人コミュニケーションツール』は大きく違うということが分かりました。

確かに帰国後にTOIECなどのテストの点数は上がったのですが、本来英語は『ヒト』と『ヒト』とのコミュニケーションツール。

それなのに現地でまともに英語でコミュニケーションを取れなかった自分に苛立ちを感じると共にフィリピンの英語学校において、英語のスピーキング能力を高めることに特化した実践型カリキュラムの英語学校がないことに気付きました。

このような自身の留学経験から、留学従来のスパルタ式の詰め込みカリキュラムとは一線を画して、

 

より実践的な英語のスピーキング能力を高めることに特化した実践型『机に座らない』英語学校を2017年10月に開校するに至りました。

 

一人でも多くの方に『英語=単なる勉強科目の1つ』から『英語=対人コミュニケーションツール』に変える”喜び”や”感動”を味わってもらいたいと思います。この”喜び”や”感動”はご自身の絶対的なキャリアになると確信しています。

by YUKI


3. バコロドってどこ?

 

①バコロドは、フィリピンで4番目に大きいネグロス島の最大都市

バコロドの人々はフレンドリーで明るく、治安の良い地方都市です。また、気候も年中寒暖の差がなく穏やか。最近、”セブ”に次ぐ留学拠点として注目されています。

隣の島には観光地で有名なセブ島があり、週末のアイランドホッピングも可能です。

 

②安・近・短・アクセス抜群 毎日15便運行・片道1.5万円〜

 

毎日マニラーバコロド間は格安LCCセブパシは10便・フィリピンエアは5便の合計15便が運行しています。

1日1便あるかどうかの路線も多い島国フィリピンで抜群のアクセスを誇っています。

また、アクティラボはバコロド国際空港から車で5分の場所に位置しています。

 

※フライトも成田(又は関西空港)-マニラ経由-バコロドのトータル片道1.5万円〜可能です。

※時期・季節により金額に変動があります。事前のご確認をお願いしております。分からない点あればスタッフがサポートさせて頂きます。

 


4. バコロドを選ぶこれだけの理由

①寝ても冷めても『バコロド人』とても親切・フレンドリー

バコロドはフィリピン国内では「微笑みの都市」と呼ばれています。

とにかく親切・フレンドリー寝ても冷めても『バコロドの人』。

そのためフィリピンの中でも「バコロド出身の人は良い人だ」と言われており、街を歩けば多くの人が笑顔で挨拶をしてくれます。

ここバコロドでアクティラボを開設した最大の理由です。

 

②治安の良さは東南アジア、フィリピン国内でも屈指

バコロドの治安の良さは東南アジア、フィリピン国内でも屈指を誇ります。

フィリピン国内でも数多くの街がある中で、2008、2012 年にフィリピン政府が実施した国民生活満足度調査では 『一番住みやすい都市1位』 に選ばれました。

 

③地方都市で物価が安いため、授業料・滞在費がとにかく『安い』

 

地方都市の物価の安さをそのまま授業料・滞在費に反映しています。

留学される方にとっては1番嬉しいポイント。

 

首都マニラやセブに比べて授業料・滞在費だけで1ヶ月で1万5千円〜2万円ほど安く、3ヶ月で5万円〜10万円ほど節約することができます。           プラン / 料金 →

 

 

④東洋の”パリ” と呼ばれる文化的・情緒ある街並み

1  文化的講演が多数・文化的・情緒ある街並み

街中にアート。カルチャーショーが多く行われています。

2  市指定の重要文化遺産が27棟

約300年間スペインに支配されていた影響もあり、街の至る所にヨーロッパを思わせる文化的・情緒ある建物があります。

その中でも市指定の重要文化遺産が27棟も今なお残されています。その内の多くがホテル・カフェ・バー・ミュージアムなどに現在も活用されています。

 

 

⑤ガイドブックに載らない ”マル秘 ”観光スポット満載♬

週末の醍醐味!(◎_◎;)

ガイドブックには決して載らない マル秘 な観光スポット満載

バコロドを拠点として周ることのできる主な場所の一例をご紹介します。

 

  • 幻の白砂のみの島(カーベンリーフ)通称→『天国に一番近い島』
  • フィリピン国内では珍しいバコロド天然温泉(マンブカル)
  • 世界遺産/ビリャヌエバ教会(イロイロ)
  • バコロドの文化遺産・ルーインズ遺跡(バコロド)
  • ギネス認定! 世界一の糖度を誇るマンゴーの島(ギマラス島)
  • ダイビングの楽園(シパワイ)
  • 東洋一の規模を誇るサトウキビ工場(ビクトリアス)

  • 幻の白砂のみの島(カーベンリーフ)通称→『天国に一番近い島』

 

 

  • フィリピン国内では珍しい”バコロド天然温泉”(マンブカル)

 

 

 

  • ”世界遺産”/ビリャヌエバ教会(イロイロ)

 

  • ギネス認定!”世界一の糖度”を誇るマンゴーの島(ギマラス島)

 

・マングローブリゾート(シライ市内)

 

 

  • バコロドの文化遺産・ルーインズ遺跡(バコロド)

 

  • ダイビングの楽園(シパワイ)